Code for Shiga / Biwako

「シビックハック」でつながる、地域とクリエイティブ。
0 comments

花火大会のウェブアプリを作るワークショップを開催します

Photo by: go.biwako

ホームページを作ったことのある人なら、実は簡単にオープンデータを用いたアプリを公開することができます。当日のワークショップでは、基礎編として「花火大会オープンデータを使った地図ページの構築」、応用編で「iOS アプリの構築」をレクチャーし、オープンデータで簡単にアプリが作れるという体験をしていただきます。

夏休みの自由研究テーマに悩んでいる親子や、パソコン教室などで勉強したもののその腕試しをしてみたい!という方など、お気軽にご参加ください。

日時
基礎編 2014年7月27日(日)13:30〜18:00
応用編 2014年8月 3日(日)13:30〜18:00
※ 1日だけの参加も歓迎します!

場所:
コラボしが21 9階会議室(滋賀県大津市打出浜2-1)

募集定員:
15名(先着順、要事前申込)

参加資格:
・Mac を持っていること(OS は最新版である必要があります)
・ホームページを公開したことがあること(簡単なものでも可)

持参物:
OS X Mavericks の最新版(10.9.4)を搭載した Mac 端末(MacBook Air、MacBook Pro など)

参加費:
無料

申込・問合せ:
メール( codeforshiga[at]gmail.com )にて受け付けます。[at]はアットマークに変換してください。
件名に「アプリワークショップ参加希望」とお書きいただき、
本文に 氏名 / 参加人数 / 連絡先(電話番号)を明記の上、ご送付ください。

※今回のワークショップのチラシを用意しました。こちらからダウンロードすることができます。
→ワークショップチラシ(PDF、1.9MB)

Comments are closed.